布団のお手入れ、メンテナンス

パワーアップ テンセル®・寝具の製造・販売・卸の和田哲 TOP > 布団のお手入れ、メンテナンス

布団のお手入れについて

毎日使用するモノだからこそ、こまめなメンテナンスで快適な眠りへ。
素材によって取り扱い方法が違いますのでご注意下さい。

羽毛布団

羽毛布団の干し方

羽毛は吸湿・放湿性に優れているため、頻繁に干す必要はありませんが、月に1~2回程度、片面1~2時間くらいの陰干しが衛生的です。

  • ・直射日光下では生地や中身が痛みますので、長時間干さないで下さい。
  • ・カバーをつけたままで陰干しにして干して下さい。
  • ・ふとんを取り込む際には、表面を手で軽く払ってホコリを取り除いてて下さい。
  • ・強めのふとんタタキは、羽毛を傷める恐れがありますのでお避け下さい。

羽毛ふとんの臭い

まれに羽毛や加工剤等の臭いが残っている場合もありますが、使用しているうちに自然になくなります。臭いが気になる場合は、ふとんを折り畳んで中の空気を押し出し、新しい空気と入れ替えて、3~4時間日に干す事で、かなり解消されます。ただし、それでも効果のない場合は、ご購入されたお店にご相談下さい。

羽毛ふとんのダニ

羽毛ふとんは、羽毛の精製過程で高熱乾燥処理、薬品による殺菌処理等でダニや雑菌は死滅しておりますので、ふとんの中からダニが発生する事はありません。また、羽毛ふとんは高密度に織られた生地を使用し毛羽の吹き出しを防ぐ加工を施していますので、ダニが生地を通過できません。

ふとんの表面にダニが付着する事がありますので、陰干しをおすすめします。陰干し後に表面を掃除機で吸引させるとより効果的です。

羽毛ふとんのクリーニング

  • ・ご家庭での水洗いはウォッシャブルと表示してある薄いもの以外はお避け下さい。
  • ・クリーニングは、ドライクリーニング、ふとんの丸洗いが可能ですが、寝具専門店等にご依頼下さい。
  • ・部分的に汚れた場合は、すぐに水でつまみ洗いをして下さい。洗剤が必要な場合は石鹸を避けヘアシャンプーか中性洗剤をお使い下さい。
  • ・洗い終ったらヘアードライヤーか日干しで羽毛をほぐすように動かしながら乾燥して下さい。(そのまま乾燥させると羽毛が塊になりますのでご注意下さい)

羽毛ふとんのリフォーム

ご使用期間に応じて生地や羽毛も劣化し、かさ高も減少してきますが、羽毛は十分に再利用できます。ふとん生地を交換し、羽毛を必要に応じて洗浄し注ぎ足す事で、新しい羽毛ふとんによみがえります。

羽毛ふとんの長期収納

  • ・日に干してよく乾燥させ、汚れを除去し、通気性のあるケースや布に包んで防虫剤等を入れて湿気のない 場所に保管して下さい。通気性がなく湿気が多い場所に保管すると、蒸れて臭いが発生したり羽毛の品質を損なう事があります。また、保管中でもときどき日干しをして乾燥させて下さい。
  • ・収納の際は通気性の良い袋で保管して下さい。圧縮袋をご使用になると繊細な羽毛が壊れ、かさ高が減る恐れがあります。
  • ・保管の際は、羽毛ふとんの上に重いものはあまり乗せないで下さい。

羊毛布団

羊毛布団の干し方

日干しにより吸収した湿気や臭いを取り除き衛生的にご使用いただけます。日干しは殺菌効果もあり、かさ高を回復する効果もありますので、週に1回程度、片面2時間くらい、午前10時~午後3時の時間帯での日干しが効果的です。

  • ・直射日光下では生地や中身が痛みますので、長時間干さないで下さい。
  • ・カバーをつけたままで干して下さい。
  • ・ふとんを取り込む際には、表面を手で軽く払ってホコリを取り除いてて下さい。
  • ・強めのふとんタタキは、羊毛を傷める恐れがありますのでお避け下さい。

羊毛布団のにおい

ウールには独特の臭いがあります。産地や収穫時期、洗いや加工方法等により多少の違いはありますが、全く無臭という事はありません。また、ご使用中でも湿気を吸収してそのままにしておきますと臭いが出ますので、日干しをし、乾燥させて下さい 。

羊毛布団のダニ

羊毛ふとんからダニが発生する可能性は極めて低いです。しかし、ご家庭内にいるダニがふとんの表面に付着する事がありますので、お部屋の掃除や日干しをおすすめします。日干し後に表面を掃除機で吸引させるとより効果的です。

羊毛布団のクリーニング

  • ・ご家庭での水洗いはウォッシャブルと表示してある薄いもの以外はお避け下さい。
  • ・クリーニングは、ドライクリーニング、ふとんの丸洗いが可能ですが、寝具専門店等にご依頼下さい。
  • ・部分的に汚れた場合は、すぐに水でつまみ洗いをして下さい。洗剤が必要な場合は石鹸を避けヘアシャンプーか中性洗剤をお使い下さい。

羊毛布団のリフォーム

羊毛繊維の性質上、ご使用中に繊維が絡み合ってヘタリが生じます。打ち直し加工を行う事は可能ですが、その効果はあまり期待できません。

羊毛布団の長期収納

日に干してよく乾燥させ、汚れを除去し、通気性のあるケースや布に包んで防虫剤等を入れて湿気のない場所に保管して下さい。通気性がなく湿気が場所に保管すると、蒸れて臭いが発生したり羊毛の品質を損なう事があります。また、保管中でもときどき日干しをして乾燥させて下さい。

綿布団

綿布団の干し方

綿は保温性・吸湿性に優れていて、日干しによるかさ高の回復性に富んでいます。天気のよい日には片面2時間くらい午前10時~午後3時の時間帯での日干しが効果的です。吸収した湿気を放出して、ふっくらとよみがえり、弾力性・保温性を取り戻します。また、ふとんカバーはこまめに洗濯をして下さい。

綿布団のクリーニング

  • ・家庭での水洗いはウォッシャブルと表示してある薄いもの以外はお避け下さい。
  • ・クリーニングは、ふとんの丸洗いが可能ですが、寝具専門店等にご依頼下さい。

綿布団のリフォーム

通常「打ち直し・仕立て直し」と呼ばれ、長年使用して硬くなったわたを解きほぐし、ふっくらとよみが えらせる加工です。加工段階で、わたの繊維が短くなるので新しいわたを注ぎ足し、ふとん生地を新しいものに替えて仕立て直します。一般的に掛けふとんで5年、敷きふとんで3年が打ち直しの目安で、打ち直し回数は2回程度が限度です。

 

綿ふとんの長期収納

日に干してよく乾燥させ、汚れを除去し、通気性のよい押し入れの上段に保管して下さい。長期間保管すると臭い等がこもる場合がありますので、保管中でもときどき日干しをして乾燥させて下さい。

再びお使いになる前には、日干し後にご使用下さい。ふっくらとよみがえります。

寝具の製造・販売・卸なら和田哲へ

TEL:06-6267-6650

電話対応時間: 9:00~17:30(土曜・日曜・祝日を除く)
電話対応時間外は問い合わせフォームをご利用下さい。
こちらから折り返しご連絡差し上げます。

お問い合わせはこちら